女性の出会い系体験談

旦那さんと知り合ったのは出会い系サイトでした

当時私は片想いの失恋をしたばかりだったのですがそれでも彼氏が欲しい思って勢いで出会い系サイトに登録してしまいました

出会い系サイトというものに警戒心を持っていたにもかかわらずプロフィールを埋めていくにつれ何だか楽しくなってきてこうだったらいいなああだったらいいな思っていたことをフリーの自己紹介欄に書き込んでいました

数日間は一言しか書いていないメールや誰にでも同じメールを打っているんだろうな思われるメールをたくさん受け取ってうんざりだったのですがそれでも登録して3週間くらい経つと目新しくもなくなるのか男性からのメールが落ち着いてきました

落ち着いてきたことにホッとしてのんびりやっていこう思っていた矢先に旦那さん当時は住むところも違う全く知らない人ですがからメールが届きました

こんにちはあいさつで始まり最後は失礼します終わっていた当時の旦那さんからのメールは何だか人柄がにじみ出ているような気がして気になってプロフィールを覗きに行きました

そこには希望する相手の非喫煙者欄にチェックが

実は私は当時喫煙者で1日に数本ですがタバコを習慣的に吸っていたのでプロフィールは喫煙者チェックを入れていました

なので不思議に思って何故私をメールに返信をしました

当時の旦那さんの返事はでなきゃダメという否定的なプロフィールじゃなかったので好感が持てましたというものでした

私は無意識だったのですが出会いに対する希望こうしたら楽しいだろうなという方のについて受け入れる体制だったから好感が持てた後に旦那さんは言っていました

結局旦那さんと知り合った年の年末に喫煙を止めて遠距離恋愛の一昨年結婚したのですが求めてばかりでなくほんの少しでも与えられる自分でいたいな思えるエピソードでした

現代社会(平成時代)の新しい出会いの仕組み。

現代社会ではいわゆるコミュニケーション障害。通称コミュ障と言われる人たちが増えています。

何故、そういう人たちが増えたかと言うとテレビゲームの登場や社会の変化だと考えられる。

また自分の意見を述べたりするのも直接ではなくメールやSNS(ソーシャルネットワークス)と呼ばれる道具が開発され、これによって結果として画面を通してのコミュニケーションを取り合うことが多くなったのも原因の一つです。

一昔前ではお見合いをしたり親や親戚と会社で世話人がいてパートナーを見つけてくれた。言い換えれば、自分で見つけなくても相手が見つかったのです。

近年では会社と家の直行直帰をする男女も少なくない。

その為に先にも挙げたSNSを利用して不特定多数と共有し繋がることも可能となったが、残念ながら良いことだけではない。

メリット面を挙げると異性との出会い、共通の趣味を持つ新しい繋がりを作れる。さらにはネットワークによって自分の住む国はもちろんのこと世界中の人達と繋がることができる。アウトドア派の層からしたら最高の環境です。

だが、残念ながら不特定多数の人物と知り合える(出会い)と言うことは、自分にとって悪い人物とも出会ってしまうことも起こりえてしまう。

さらには、知らない内にストーカーなどの犯罪に巻き込まれたり、過去の嫌いな人物に自分の近況を知らずに教えてしまうこともある。

メリットだけを追求する為にはどうするか? それにはいくつか方法があります。

一つ目は警戒心を持つこと。二つ目はネットワーク以外の友人や知り合いを持ってアドバイスを聞くこと。出会い系という道具に頼りすぎないことです。

幸いなことに日本では犯罪数が少なく悪いひとはあまりいないかも知れないが、少しは警戒心を持つことも必要である。

かくいう私もネットワークを利用した色々な出会いには感謝しています。

異性は勿論のこと、普通に生活をしていたら出会えない仲間と知り合えることに感謝しています。

多くの方が便利なものを利用して楽しくも充実した毎日を過ごせることを切に長っています。

婚活パーティーに参加し、安意にカップルになり失敗したこと

パーティー型の婚活イベントに出席した時のことです。
男15人、女15人でした。小さな市で開催されるイベントだったのですが、田舎に住んでいた私は近い会場だったため参加しました。
友人と2人で参加したのですが、2人ともが面白い体験をしたので紹介します。

プロフィールシートにニックネーム・生年月日・趣味・仕事・など記入しますね。
相手の方との決められたトークの時間がやってきました。
友人が最終的にカップルになった人は、占いに凝っていたので生年月日・星座で相手を決めたそうです。
ですから、彼女のなにを気に入ったワケではなく、データ上彼の彼女にふさわしかったのです。
カップルになって連絡先を交換する時にそんな話になったので、怖くて電話番号を教えるのは避けたそうです。
もちろん、その後の会話も、君と僕は相性が良い星の元に生まれたとか、まともな会話もできず終わったとのことでした。

一方、私は気に入った人がいなかったので職業が県職員という人とカップルになりました。
もちろん、本人ではなく職業が気に入ったのでメールアドレスしか教えていません。
帰り道、お互い車でその会場へ行っていたのですが、同じ方向だったので同じ道を使うことになります。
私の後ろを彼がついてきます。途中、追い越し車線があり、横に並びました。
ずっとこっちを見ていて、友人と同席していた私は「怖い」と感じました。
追い越し車線にはいったくせに抜かないで、また私の車の後ろにつくのです。
その後、職場の独身と合コンをしたいと伝え(2人きりで会ったことはありません)男2人、女2人で会ったのです。
この時点で、私は彼女だと紹介されるのです。
これ以上関わると、ストーカーになりかねないので深い話は一切せず、連絡を絶ちました。

もちろん、そんな理由でカップルになる私が悪いのかもしれません。
でも、せっかく有料で参加したので、収穫を得たかったのは事実です。
この経験を踏まえて、その後は見極めながら婚活に挑めました。

出会い系サイトで女性と出会うことはできるのか

私は38歳の男性です。出会い系サイトで女性と出会うことはできるのかとの疑問があります。

結論から言いますと、出会い系サイトで女性に出会うことは出来ますよ。ここでは出会い系サイトで女性と出会うことにはどうしたらいいか紹介します。参考にされると幸いです。

◼出会い系サイトのポイントを利用する事。

出会い系サイトは無料で女性とやり取りをする事はできますが、他人に見られてしまいます。女性は他人にコメントを見られてしまうのは嫌いますからポイントを購入して女性とコメントのやり取りをすれば女性からの返信の確率が上がりますよ。

◼プロフィールを充実する事。

女性は男性のプロフィールをよくみて男性に返信していますよ。プロフィールは空白するのではなくて、しっかり記入してくださいね。

◼女性にコメントするときは女性の興味があることを書くこと。

女性にコメントするときは、女性の興味があることを書いてくださいね。女性が、全く興味がないことを書いても返信は来ませんよ。女性のプロフィールをよくみて、女性が興味があることが書いてあったらどんどん質問してくださいね。

◼複数の女性とやり取りをする事。

女性と出会いたいと思ったら複数の女性とコメントのやり取りをしてくださいね。もちろんポイントを使って他の女性とコンタクトをしていることを知られないようにしてくださいね。一人の女性に絞るよりも複数の女性にアプローチすれば女性と出会う確率は上がりますよ。

◼出会い系サイトで男性から会いたいということ。

出会い系サイトでも男性から女性に出会いたいとコメントしてくださいね。なかなか女性から出会いたいというのはないですから。また出会うには最初は友達として出会いたいとコメントすると出会う確率が上がりますよ。

◼まとめ。

上記が出会い系サイトで女性と出会うことはできるノウハウを書いていきました。出会い系サイトを攻略法を守れば女性と出会うことは出来ますよ。頑張ってたくさんの女性と出会ってくださいね。